つりたん

都内から釣りに繰り出す釣り人

東京湾からタチウオ船に乗る! 前篇

釣りに興味がない人に『タチウオ』と言ってどれくらいの人があの魚を頭に思い浮かべるだろう。異様な出で立ちのタチウオに会いたくなり船に乗った。

 

実は船に乗るのは初めてで、恥ずかしながら勝手がわからない。

恐る恐る船宿に電話し、タチウオ船に乗りたいことを伝える。

 

「えーと、土曜日に3人でタチウオ乗りたいんですが...」

「土曜日ですか?えーっとちょっと待ってくださいね」

保留音がなってからだいぶ時間が経った。

まさか、人気で空いてない…そんな不安が頭をよぎり妙にそわそわしてしまった。

 

「3人ですよね、大丈夫ですよ。竿はレンタルしますか?」

 

竿がレンタルできるのか...凄い助かる。

 

「お願いします!3人分」

 

無事”予約”というハードルを越え、あとは当日を待つのみ。

ほっと一息つきながら煙草に火をつけたとき、一抹の不安を感じた...

 

たしかタチウオはジグで釣るはず。ジグも借りれるのかな?借りれなかったらどうしよう。電話して聞くのもなんかはずかしいし...

 

しかし、今は2017年。インターネットが発展しどこでもいつでもいろいろな情報が手に入る。ネットで検索するとどうやらジグは自分で用意する模様。

 購入するのか、よかった事前に知っておいて...

 

またほっと一息つき、ホット缶コーヒーのプルタブを空けたところで、再び一抹の不安が...

 

ジグって何グラムのを用意していけばいいんだ?80gぐらい?重すぎる?どうすれば...

そう!今は2017年。東京オリンピックまであと3年なのだ。にこやかな顔でネット検索するとこう書いてあった。

「一般的にはボトムの深さ=ジグの重さを目安にするといいでしょう」

 

ほーう、なるほどね。深さと重さは同じね。よかった店に行く前に知っておいて...

またまたほっと一息つき、冷めてしまった缶コーヒーに口を付けたところで、拭えない不安が...

 

タチウオって何メーターぐらいのところにいるんだ?そもそもポイントはどのくらい深いんだ?こればかりは2017年の情報技術でもわからない。経験者か船宿の船長しかわからない。

 

しかし、今更電話で聞くのは私のプライドが許さないということで、最後の最後で”自分の感覚”を頼りにジグを購入したのであった。

 

f:id:tsuritan:20171004163421j:plain

 

当日の朝5時、お世話になる船宿に到着。

建物はきれいで、すでに何名かの釣り人が集まっていた。

受付はどこだときょろきょろしたろ、行ったり来たりしていると船宿の人が受付するよと声を掛けてくれた。

自分の名前を伝え、受付と竿を借りる準備をしていると、受付の人から声を掛けられた。

「竿はレンタルね!ジグは持ってきた?」

「はい!持ってきました。80gとかのをいくつか!」

自信満々に答え、してやった感を出していると受付の人はお金を勧請しながらこう言った。

「80gは使わないね!軽いから!150~200gだね!」

なにー!そんなに深いのか!海をなめていた。いつも堤防からなので、深いとはわかっていたが予想を超える深さだった...魚のように口をパクパクさせてると、

「ジグ売ってるから、買っていった方がいいよ!」

売ってるだと...確かに受付カウンターの下にたくさんのジグがぶらさがっていた。

なんだかんだ1万ほど買ったジグはほとんど役に立たないと告げられたが、これから出会うタチウオに胸を膨らませ、船へと乗り込むのであった...

 

 

 

亀山湖でバス釣り 後編

亀山湖の大減水、アオコの大量発生でいつものフィールドではなくなった亀山に別れを告げ、次なるポインを探すことにした我々はグループから外れた修学旅行生のように路頭に迷っていた。

友人Dが沈黙を切り裂く。

「・・・・・・・野池」

ブルゾンちえみに劣らぬ間をとり、ぽつりと呟く友人Dの目はまだ諦めてはいなかった。

この状況を打破するには、亀山水系を離れ、千葉の野池を攻めようというのだ。

「野池なんてあるの?」

「・・・・・・・探す」

アメリカを切り開いた欧州人と同様に、誰でもこの状況下では同じ考えを持つだろう。先人たちの知恵、己の経験を頼りに開拓してくその精神は平成のコロンブスといっても過言ではなかった。

さて、どうやって野池を探すのか。そもそも情報がないから野池なのであり、釣りをしても良いのか、バスがいるのかはその場に行かなくてはわからない。

「・・・・・Google Map」

Google Mapで青くなっている池らしいところを当たっていく。その作戦でいく友人Dが熱心に見ているスマホの画面は、Apple Map画面だった...

Google MapとApple Mapの違いもわからない友人Dに野池が見つけられるわけがない。
一抹の不安を胸に野池と思われる場所に車を飛ばすが、ことごとくNG。釣りができる環境ではない、バスがいるわけないような場所ばかりで心が折れかけていた。

「俺が見つける」

私がそう強く言い残し、見つけたのは袖ケ浦付近の野池。ちゃんと釣りができる場所だった。

雨が降り、魚の活性が高くなったと喜びながら、ポイントにつくと先行者の影アリ。

未開拓の土地のため、先住民にアドバイスをもらうことに。

先住民のアドバイスは以下の通り
・バスはいる
・バスはいるが10cm程度のものがアベレージサイズ
・バスより雷魚が釣れるかも
・基本トップで攻めている

なるほど...聞いてもいないことを丁寧に教えてもらい、早速ロッドを振る。
雨脚が強くなり、ずぶぬれになりながらも凸を避けるため一心不乱にルアーを投げ込む。

我々が水面をたたくこと1時間ほど。友人が声を上げた。

「釣れた~」

その声に反応しラインを上げてみると...

f:id:tsuritan:20170911033646j:plain

60cmほどの雷魚!先住民の予想通り雷魚があがった。

この釣果が引き金となり、あきらめムードだった一行は俄然やる気を出し、池をぐるっと回るほどラン&ガンを行ったがバイトすらなし...


8月真っ只中の亀山大減水は野池の雷魚でフィニッシュとなった...

亀山湖でバス釣り 前編

昨日の富浦キス釣行は願った釣果は得られず、夜の飲み会に全ての鬱憤をぶつけ、2夜連続で飲みまくっていた。結構アルコールも入り、円もたけなわなところで友人が一人帰宅。

それと入れ替わりで到着したのはバス釣りマスターの友人D。

釣りの疲れと連日の飲みで私は早めにダウン。
亀山の情報もまばらなまま亀山湖当日の朝を迎えた。

私が仕入れいた夏の亀山は”虫パターン”で虫系ルアーでバスを誘い出すことをイメージし、サスケの挑戦者張りに日々イメトレに励んでいた。

軽く二日酔いのままiPhoneの目覚ましを止めたのは午前5時。
天気は曇りで釣りをするには絶好の気候だった。

「今日はどんな感じ?」

水とウーロン茶をがぶ飲みしながら友人Dに問いかける。

「すげー減水してるらしいよ」

「ふーん、どのくらい?」

「2mか3mぐらい」

「2mか3mねぇ... 2mか3m!?なにそれ、水ないじゃん!」

「前回とは全然違うフィールドになってるよ」

連日の猛暑と水不足で水門を開けたのか、理由はわからないが大減水しているらしい。所さんもびっくりの脱水具合とのこと。

「しかもねぇ、アオコが大発生中」

「アオコね...アオコってなに!」

「Hey Siri!アオコってなに!」

「すいません。よくわりません。」

焦りすぎて活舌が悪かったのか、Siriは冷た反応を見せた。
友人Dが導き出した攻略パターンはこうだ。
減水+アオコでベイトとなるワカサギが酸欠で表層にきている。
それを狙うバスも表層に上がるので、トップで狙えば行けるとのこと。

なるほど、理にかなっている。
不安と期待のまま亀山湖に突撃した。

到着したのは6時ころ。雲のお陰で少し涼しいくらいの亀山湖は前回とは全く違う表情を見せていた。
友人Dのいう通り亀山湖は大減水。
前回釣りをしていた場所は2m上となり、普段は見せないシェード下の崖があらわになっていた。

f:id:tsuritan:20170828233009j:plain

亀山湖ってこうなっているのね...

なんてことを思いながら、前回子バスが爆釣だった、子バスの学校を訪問。
が、しかし、アオコのせいで全く水中は見えず、1投しただけでライン、リース、ロッド、ルアーは緑に...

生命感0の亀山湖となっていた。

「えーと表層のワカサギは?」

「いないね」

そう、前日の雨でアオコが水中に溶け込んでいて、ベイト・バスともに活性が駄々下がり。
連休明けのOLぐらいやる気がない湖と化していた。

流れ込み近くのアオコが流されてきれいなポイントを見つけるものの、バスの姿は見えず、前回の鉄板パターンであったスワンプのちょんがけにもノーバイトで激渋となっていた。

どこにいってもアオコだらけ、減水でポイントもわからない、デコる!

そうそうに作戦会議を行い、せっかくの連休を凸で終わらせないため、亀山湖に見切りをつけることにしたのだった...

富浦でキスを釣る! 後編

”スタート”は悪かったが、”スタート”は良かったキス釣り。
これから迎える爆釣の兆しを胸に、餌を取り付ける。

「あ、釣れたかもしれません」

そうつぶやいたのは、同じボートに乗る友人。
特にテンションを上げるわけでもなく、たんたんと糸を引き上げ、針にかかっているキスを見せつけてくる。

これも良型。

富浦のキスはサイズもいいし、釣れるしやっぱり来てよかった!
そう思ったのもつかの間、友人のキスからぱったり釣れなくなった。

ボートに乗っている感覚も忘れたころ、ふと周りをみると大分沖に流されていることに気が付く。

「流されてません?」

「流されてますね」

「・・・」

他の釣行者が豆粒に見えるほど沖に流されている私たち。


「戻りますか」

ここからが大変だった。
来るときは船に引かれ、悠々と沖に出たが戻るにはオールを漕いで戻らなくてはいけない。

普段運動していないおじさん2人には過酷な苦行となった。

ひぃひぃ言いながら別チームのボートに近づき、どれだけ釣れたか確認すると、首を横に降る2人。
まさか、1匹も釣れてない...?

「釣れてなんかーい!」

1匹たりとも釣れていなかった。かく言うこちらも、最初の2匹から釣れていない。時計を見ると9時。マズメは終わりアタリもない。そう思うとどっと疲れが戻って来て私はダウン。

粘りたかったが、波の揺れもあり、ここでギブアップ。ボート釣果はキス2匹で終わった。

陸に戻り、さぁどうすると作戦会議をしたところ、魚に触らなきゃ帰れないと、友人の強い要望で近くの堤防に移動。

曇り空の富浦浜には海水浴客と釣り人が多数おり、陸に活気はあった。

穴釣りならなにか釣れるだろうとテトラを覗くが、残念でしたーとあざ笑うかのように潮は引いており攻めれる穴が無い。

それでもと、針にあまりのジャリメを付けて、岸に落とすとなにやらアタリが。

「なんかいるぞ!」

友人のテンションは一気にあがるが、アタリに合わせても乗らない。
どれ、と私も糸を垂らすと何か魚のアタリがある。
が、乗らない。たぶん小魚だなと思いつつも針を小さいのに変えた方がいいと友人にアドバイスを行い、針をサイズダウンするとしっかり乗った。

あがったのは石鯛の稚魚。口が小さいのでハリがかからなかったのだ。

稚魚でも嬉しいと子供のようにはしゃぐ友人は、釣りを心から楽しんでいるようでなによりだった...

富浦でキスを釣る!前編

夏休みも折り返し地点となり、宿題が終わっていない子供達が焦り出す時期。

何年振りかのお盆休みが取れたので、千葉県の富浦でキス釣り、翌日は亀山湖バス釣りと、釣り三昧の休みを過ごすことにした。

 

f:id:tsuritan:20170820014345j:plain

 

キス釣行は妻と友人を含めた4人、バス釣行は友達が入れ替わり3人で臨む計画を立てた。

 

休みが来るまでは釣りのことで頭がいっぱい。ポイントはどこかな...仕掛けはどうしようか...と頭の中は釣りバカ日誌の浜ちゃんと化していた。

 

が、しかし!

釣行前日が飲み会だった私は見事にやらかす。

麦の海に全身全霊でダイブし、ポップの香りと程よい炭酸に溺れてしまった。

 

飲み会の後半を覚えていないのは言うまでもなく、集合時間になっても帰宅しない私に鬼電を掛ける妻。

ようやく繋がると私は市ヶ谷駅で死んでいたとのこと...

 

妻は言った。

「あなた、市ヶ谷駅の花壇で、ホセ・メンドーサと戦った後の矢吹ジョーみたいになってたよ。」

 

友人の車で海に行く予定だったので、他メンバーを連れ市ヶ谷でピックアップしてもらう私。

 

もう出鼻を挫かれている。釣り場に行く前から。

 

そんなこんなあり、富浦まで到着。次第に私は回復していき、どんどんテンションが上がって来る。

 

よーし釣るぞー!と思った時ふと不安に襲われた。

「あれ、俺の釣り具持ってきた?」

「持ってきてるよ!」

「え、何を持ってきた?」

「全部!釣り道具全部!」

 

出来た妻である。忘れて来るより、余計に持ってきた方がいいと車に釣り具を全部積んできたのだ。

 

「あ、ありがとうございます。」

 

富浦のキスは陸っぱりからも釣れると情報をゲットしていたが、どうしても釣りたかったので今回はボートを手配していた。

 

釣れるポイントまで船で引っ張ってもらい、あとは手漕ぎで好きに移動するというスタイル。

沖まで出れば釣れる!美味しいキスに出会うんだ!

 

ボート屋のおばちゃんと二言三言、会話し代金を払い、船酔いを心配する友人を横目にいざ出陣!

 

カモの親子のように連結したボートを沖まで船で引っ張ってもらい、ここら辺でどうぞーと切り離される。2対2にわかれボート2隻で仲良く釣り開始!

 

f:id:tsuritan:20170820014637j:plain

 

餌はもちろんジャリメで、仕掛けは船用のキス仕掛けで、ロッドはショアジギング用と、なんともちぐはぐな感じの装備だった。

 

水面に仕掛けを落とすこと2,3回、ココココッと小さいアタリが!

来たかなと思ったがどこで合わせていいかわからず、とりあえず竿をあげると...

 

「釣れてる!」

 

18cmほどの良型のキスと対面した。

これは、まさか爆釣か!?

 

そんな期待を胸にキス釣りは幕を開けた...

 

 

 

 

 

感染性つり熱 その3

その日もとても暑かった。

容赦なく照りつける太陽は、自分の季節が来たと張り切っており、久しぶりの釣行を頼んでもいない応援で励ましているかのようだった。

 

f:id:tsuritan:20170807115121j:plain

 

後輩を誘った居酒屋でレンタカーの予約の電話を入れ、ほぼ徹夜状態で昔の釣り仲間と後輩を連れて向かった先は懐かしの管理釣り場「吉羽園」。

 

みんな寝ていないにも関わらず車の中は馬鹿みたいな学生時代の話や、まだ釣れるともわかっていないバスの話で、熱したばかりのポップコーンのように弾けていた。

 

日も昇り始めたばかりの午前5時。吉羽園は少し冷たい空気で包まれ、これから始まる魚との戦いのお膳立てをしてくれているようだった。

 

タックルを持っていなかった私は、吉羽園のタックルをレンタルし、中学時代に嫌という程見たイモグラブを受け取った。

 

朝の5時とはいえ、既に釣り人は集まり始めていた。

 

そう!この始まる前のワクワク感!朝の静かな雰囲気!いつもは感じることのできない異空間に身を置くことがたまらなく好きだった。

 

「どこから攻めようか、朝は手前混むから奥の流れ込み付近に陣取るか」

 

釣行を仕切るのは吉羽園マスター。聞くと頻繁に足を運んでいるようで、釣り方も攻め方もわかってるようだった。

 

「任せますぜ、兄貴!」

 

投げては巻き、投げては巻き、何度もイモグラブはバスの目の前を通っただろう。

なかなか釣れてくれない。やはり簡単ではないな...と思っていると、竿がグッとしなった。

 

「来た!来たわ!」

 

久しぶりの感触。竿に伝わる魚の感触。釣りをしないと味わえない、なんとも形容しがたい感覚。

 

久しぶりに釣り上げたブラックバスは予想以上に大きかった。

 

f:id:tsuritan:20170719193350j:plain

 

「結構でかい!これでかくない?」

 

「でかいよ!50あるかもよ!」

 

「メジャーある?」

 

「いや、持ってない」

 

「なーんでよ!なーんで持ってないのよ」

 

詳細なサイズは残念ながらわからなかったため、足の踵を起点にどのくらい大きさか覚えておき、後々測ったところ約45cmだった。

 

8年ぶりに見たブラックバスは大きく見え、本当に50cmぐらいあると思えた。脳から出されたアドレナリンが魚を大きく見せたのだろう。

 

その後はぱたっと釣れなくなり、皆一匹、二匹という釣果で終わった。

 

やっぱり釣りは楽しい。もっと釣りがしたい!釣り熱は完全に身体を支配し、感染力も高めるまでに成長していたのだった...

 

ハゼの天ぷら料理

墨田区で釣り上げたハゼを天ぷらにしました!
ハゼは天ぷらや唐揚げ、南蛮漬けなど幅広い調理法で楽しめる魚です。

秋頃になるとサイズの大きいハゼも増え、食べごたえ満点のハゼ料理が作れるでしょう。

今回は夏の始まりということもあり、10センチ未満のハゼが20匹ほど。
このくらい小さいと骨ごと食べられるので、頭と内臓を落として天ぷらにしたいと思います!

f:id:tsuritan:20170726213307j:plain

画像を見ると気づくかと思うのですが、1匹20センチ越えのハゼが...

これは釣りを始めようとしたとき、地元の中学生と小学生の兄弟が話しかけてきて、一緒にハゼ釣りをしたいとのことなので、仕掛けと餌をプレゼントし一緒に釣りをしていたところ、小学生の女の子が巨大ハゼを釣り上げたのでした。

子どもたちは持ち帰らないということで、巨大ハゼをいただきました!
ありがとう!

塩でもんでぬめりを取り、下処理を行ったら、早速揚げていきます!

f:id:tsuritan:20170726213816j:plain

巨大ハゼくらいのサイズだと、天ぷらにしがいがありますね!
秋口が楽しみです!

f:id:tsuritan:20170726213906j:plain

カボチャやナスの夏野菜と一緒に天ぷらでいただきました。
白身のハゼは絶品で、身はふわふわ、味もしっかりしていて予想以上においしくてびっくりしました!

3人でいただいたのですが、ちょっと量が少なかったかな。
一人当たり10匹は食べたいところです!

ごちそうさまでした!